8-3-1 例外を発生させる場面があることを確認しよう

実装するプログラムによっては、例外を意図的に発生させたい場面があります。

たとえば、メソッドに指定された引数がnilでないことを前提としたプログラムとしたい場合、万一nilが引数で渡された場合は例外を発生させることが考えられます。

また、例外をrescue句で捕捉した後に例外用の処理を実行した後、再度捕捉した例外を発生させたい場合もあります。

このように例外を意図的に発生させるためには、failraiseが用意されています。