8-2-3 メソッドで例外処理を記述する方法を学ぼう

メソッドでbegin句を省略する

メソッドの中で例外処理を記述する場合、begin句全体がメソッドの全体にかかっているなら、beginendを省略することができます。

その際、rescueensureのインデントの位置は、メソッド定義のdefendと同じとするのが普通です。

また、クラスのメソッドでも、同様に記述することができます。

まとめ

  • 例外処理の記述方法は、メソッドに記述する場合でも基本的には変わらない
  • メソッド内部で例外処理を記述する場合はbegin句を省略できる場合がある