5-2-2 timesメソッドを使ってみよう

timesメソッドを使ったプログラムを記述する

テキストエディタを開いて以下のプログラムを記述し、ファイル名をtimes.rb、ファイルの種類をすべてのファイル(.)、文字コードをUTF-8として保存します。

# timesメソッドを使ってみよう
10.times do
  p 1
end

timesメソッドを使ったプログラムを実行する

コマンドライン上でプログラムを指定して実行します。数値1が10回表示されます。

$ ruby times.rb
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1

実行回数のパラメーターを使うようプログラムを修正する

timesメソッドのdoの直後に半角スペースを記述した後、|i|を記述し変数ipメソッドで出力するようプログラムを修正します。

# timesメソッドを使ってみよう
10.times do |i|
  p i
end

実行回数のパラメーターを使うよう修正したプログラムを実行する

再度コマンドライン上でプログラムを指定して実行します。数値0から9が表示されます。

$ ruby times.rb
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

短くした省略形のプログラムを実行する

irb上でtimesメソッドのdo〜endの省略形である{〜}を用いて1行でプログラムを記述し、実行します。手順4同様に、数値0から9が表示されます。

irb(main):001:0> 10.times { |i| p i }
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
=> 10