4-4-1 条件に一致した場合のみ1つの処理を実行する際の簡単な書き方を学ぼう

最も基本的なif文は「4-2 条件に応じて処理してみよう」で確認した通りです。

このようにelsif句やelse句がなく、if句の条件に一致した場合に実行する処理を1行で書ける場合は、実行したい処理の後ろにif句を置いて1行で記述することができます。

条件式がtrueの場合に実行したい処理 if 条件式

この記述方法を後置ifと呼びます。
また、同様にunlessを使っての後置unlessも記述できます。

条件式がfalseの場合に実行したい処理 unless 条件式

後置if/unlessは、その他のプログラミング言語では記述できないこともあります。

その意味で、後置if/unlessはRubyの特徴の1つともいえます。