4-2-2 if、unless、else文や比較演算子を使ったコードを実行してみよう

基本的なif文が記述されたプログラムを確認する

テキストエディタで以下のようなプログラムを記述し、ファイル名をif.rbとして保存します。

# if、unless、else文や比較演算子を使ったコードを実行してみよう
a = 1
if a == 1
  puts a
end

if文が記述されたプログラムを実行する

コマンドライン上でif文が記述されたプログラムif.rbをファイル指定して実行します。
数値1が表示されます。

$ ruby if.rb
1

基本的なunless文が記述されたプログラムを確認する

テキストエディタで以下のようなプログラムを記述し、ファイル名をunless.rbとして保存します。

# if、unless、else文や比較演算子を使ったコードを実行してみよう
a = 1
unless a < 1
  puts a
end

unless文が記述されたプログラムを実行する

コマンドライン上でunless文が記述されたプログラムunless.rbをファイル指定して実行します。
数値1が表示されます。

$ ruby unless.rb
1

if文のプログラムにelseを追加する

手順2で実行したif文のプログラムにelseを追加して処理を追加します。
また、このelse以下の処理が実行されるように条件式を書き換えます。
さらに、実行される行が分かりやすいようにputsメソッドで表示する文字列を書き換えます。

# if、unless、else文や比較演算子を使ったコードを実行してみよう
a = 0
if a == 1
  puts 'aに1が代入されていたら実行される'
else
  puts 'aに1が代入されていなかったら実行される'
end

修正したプログラムを実行する

修正したプログラムをコマンドライン上で実行します。
elseendで囲まれた部分の処理である「aに1が代入されていなかったら実行される」という文字列が表示されます。

$ ruby -Ku if.rb # Windowsの場合-Kuオプションを指定
aに1が代入されていなかったら実行される

unless文のプログラムにelseを追加する

if文同様に、手順4で実行したunless文のプログラムにelseを追加して処理を追加します。
また、このelse以下の処理が実行されるように条件式を書き換えます。
さらに、実行される行が分かりやすいようにputsメソッドで表示する文字列を書き換えます。

# if、unless、else文や比較演算子を使ったコードを実行してみよう
a = 1
unless a >= 1
  puts 'aが1以上でなければ実行される'
else
  puts 'aが1以上だったら実行される'
end

修正したプログラムを実行する

修正したプログラムをコマンドライン上で実行します。
elseendで囲まれた部分の処理である、「aが1以上だったら実行される」という文字列が表示されます。

$ ruby -Ku unless.rb # Windowsの場合-Kuオプションを指定
aが1以上だったら実行される

比較演算子を色々試す

irb上で比較演算子を色々試します。変数a1を代入し、比較演算子を順番に実行します。
比較演算子の実行結果がtrueまたはfalseで表示されます。

irb(main):001:0> a = 1
=> 1
irb(main):002:0> a == 1
=> true
irb(main):003:0> a == 0
=> false
irb(main):004:0> a != 1
=> false
irb(main):005:0> a != 0
=> true
irb(main):006:0> a > 1
=> false
irb(main):007:0> a >= 1
=> true
irb(main):008:0> a < 1
=> false
irb(main):009:0> a <= 1
=> true
irb(main):010:0>