3-1-1 Rubyの配列の記述方法を学ぼう

プログラムでは、様々なデータを取り扱う必要があります。データを取りまとめる仕組みの1つとしてRubyでは配列があります。

配列はその名前から想像できるように、複数のデータを1つの変数にまとめたものです。

配列はRubyだけでなく主なプログラミング言語で取り扱われており、メジャーなデータの集合といえます。
Rubyの配列の記述方法は[]でくくることで表現できます。複数のデータを配列に記述する場合は間に,(カンマ)を記述します。

また、配列に格納された要素を取り出したい場合は、配列の変数の後ろに[配列番号(0から始まる数字)]を記述します。

配列番号は0始まりなので、要素の1番目を取得したい場合の配列番号は0になることに注意が必要です。

さらに、配列を定義した後でデータを追加したり、変更したり、削除したりすることもできます。

データを配列の末尾に追加するには<<という演算子を使用します。

配列からデータを削除するには、Rubyの配列クラスのdeleteメソッドを使用します。