2-3-2 数値や文字列を変数に代入して表示してみよう

irbを起動

コマンドライン上でirbを起動しましょう。

$ irb

変数に数値を代入

変数に数値を代入してみましょう。ここでは変数aに数値1を代入します。

irb(main):001:0> a = 1
=> 1
irb(main):002:0>

代入した変数を表示

変数apメソッドで表示してみましょう。代入した数値1が表示されることが確認できます。

irb(main):002:0> p a
1
=> 1
irb(main):003:0>

変数に文字列を代入

変数に文字列を代入してみましょう。ここでは変数bに文字列'1'を代入します。

irb(main):003:0> b = '1'
=> "1"
irb(main):004:0>

代入した変数を表示

変数bpメソッドで表示してみましょう。代入した文字列'1'が表示されることが確認できます。

irb(main):004:0> p b
"1"
=> "1"
irb(main):005:0>

未定義の変数を表示

まだ代入していない変数をpメソッドで表示するとどうなるでしょうか。ここでは未定義の変数abpメソッドで表示してみます。
実行結果ではNameErrorというエラーが発生しています。
abという変数もメソッドも定義されていないので当然エラーになります。

irb(main):005:0> p ab
NameError: undefined local variable or method `ab' for main:Object
Did you mean?  a
    from (irb):5
    from /Users/200085/.rbenv/versions/2.4.2/bin/irb:11:in `<main>'
irb(main):006:0>