2-3-1 変数へ代入するメリットを知ろう

数学をやったことのある方なら「変数への代入」というと既に馴染みのあるイメージを持っているでしょう。

「数値1を変数aに代入せよ」といわれて、a = 1を想像できればひとまず問題ありません。

Rubyでも同じように記述することができます。

なお、順次処理というプログラムの性質上、変数に代入をした後、以降のプログラムでその変数を用いることができます。

逆に、変数への代入をする前の段階では変数が未定義であるエラーが発生します。

プログラムで変数に代入することのメリットは、何らかの値(オブジェクト)に「名前を付ける」ことができることと、値を使い回すことができることにあります。

たとえば、id = 1と代入すると、このプログラムからは「何かの識別子(id)が1」と読み取ることができます。

さらに、「idは後で使い回すだろう」ということも推測することができます。