2-2-2 数値と文字列の違いを確認しよう

irbを起動

コマンドライン上でirbを起動します。

$ irb
irb(main):001:0>

pメソッドで数値を表示

irb上でデバッグ用のpメソッドで数値1を表示します。

irb(main):001:0> p 1
1
=> 1

pメソッドで文字列を表示

同様に、文字列'1'を表示します。文字列の場合、出力結果がダブルクォーテーションで囲まれた形になっており、Ruby内部では'1'文字列として認識されていることが分かります。

irb(main):002:0> p '1'
"1"
=> "1"

classメソッドで数値1の型(クラス)を表示

数値1にドットを繋げて、classメソッドを呼び出します。数値を表すIntegerが出力されます。

irb(main):003:0> 1.class
=> Integer

classメソッドで文字列'1'の型(クラス)を表示

文字列'1'にドットを繋げて、classメソッドを呼び出します。文字列を表すStringが出力されます。

irb(main):004:0> '1'.class
=> String