1-4-3 Rubyのputsを理解しよう

putsメソッド

ここまでputsを用いて数値や文字列を表示しました。

このputsとは「どうやらRubyが用意する命令で、後ろに指定したものを表示しなさい、ということらしい」ということがぼんやり体験できたのではないでしょうか。

ご想像通り、putsはRubyが用意する命令の1つです。このような命令のことをメソッドと呼びます。

putsはRubyが用意する数あるメソッドの中でも、もっとも基礎的なものといえるでしょう。

ではその他にもどんなメソッドがあるのか?と気になるところでしょうが、はやる心をおさえてもう少しRubyプログラムの基本を学んでいきましょう。

nilオブジェクト

実行結果に=> nilと出力されたことに気付いたでしょうか。これは一体なんでしょう?

irbがRubyプログラムとして評価した実行結果は「戻り値」を持っています。この戻り値がnilだとirbが教えてくれているのです。

ではnilとはなんでしょうか。nilは英語で「無」や「ゼロ」という意味です。

putsメソッドは出力する命令で戻り値を何も返却する必要はないのですが、Rubyでは「無」を表すのにnilというオブジェクトを定義しており、これを返却している、というカラクリです。