1-4-2 irb上でRubyプログラムを実行してみよう

ここではirbをコマンドライン上で実行し、irb上でRubyプログラムを実行します。

irbを起動する

コマンドライン上で半角英字でirbと入力しEnterキーを押します。

するとirbが起動し、Rubyプログラムの入力待ちになります。

$ irb
irb(main):001:0>

Rubyプログラムを実行する

起動したirb上で先ほど実行したRubyプログラムであるputs 1を実行します。

putsは半角英字、1は半角数字、puts1の間のスペースは半角であることに注意してください。

実行の結果、1が表示されます。

irb(main):001:0> puts 1
1
=> nil
irb(main):002:0>

文字列を表示する

先ほどのプログラムは「1を表示する」ものでした。1は数値ですが、今度は文字列を表示します。

文字列を表示するには、文字列をクォーテーションで囲む必要があります。半角でputs 'test'と入力してEnterキーを押します。

実行の結果、testという文字列が表示されます。

irb(main):002:0> puts 'test'
test
=> nil
irb(main):003:0>

このように、irbを使うと、Rubyプログラムを対話的に続けて実行することができます。

なお、putsを実行して表示された数値1や文字列testの後に表示される=> nilについては、次ページで解説します。