0-1-3 Windowsの場合:RubyInstallerでRubyをインストールしよう

ダウンロードしたRubyInstallerを実行する

ダウンロードしたRubyInstallerの実行ファイルをダブルクリックします。2018年3月時点ではダウンロードしたファイルはrubyinstaller-2.5.0-2-x64.exeです。

利用規約に同意する

「Ruby 2.5.0-2-x64 Licence Agreement」が表示されます。「I accept the Licence」を選択して[Next]ボタンをクリックします。

利用規約の同意

インストールが開始する

インストールの状況が表示されますので、セットアップウィザードの完了が表示されるまで数分待ちましょう。

インストール開始

インストーラーでのインストールを完了する

セットアップウィザードの完了が表示されます。

別途必要となるMSYS2のインストールを引き続き行うかのチェックボックスがデフォルトでONになっているので、そのままで[Finish]ボタンをクリックします。

なお、MSYS2とは、Windows上でより快適なコマンドライン環境を提供するパッケージです。

セットアップウィザードの完了

MSYS2をインストールする

RubyInstallerセットアップウィザードを終了すると、コマンドプロンプトが起動します。

コマンドプロンプトとは、Windows上であらかじめ用意された様々なコマンド(命令文)を実行するツールです。

MSYS2をインストールするか確認されますので、半角で「1,2,3」と入力し[Enter]キーを押します。

コマンドプロンプトの起動

MSYS2セットアップの開始

[MSYS2のセットアップ]ダイアログが表示されます。[次へ]ボタンをクリックします。

MSYS2のセットアップ

インストール先フォルダの選択

[インストール先フォルダ選択]ダイアログが表示されます。[次へ]ボタンをクリックします。

インストール先フォルダ選択

スタートメニューのショートカットの選択

[スタートメニューのショートカット]ダイアログが表示されます。[次へ]ボタンをクリックします。

スタートメニューのショートカット

MSYS2インストールの開始

[MSYS2インストール]ダイアログが表示され、MSYS2のインストールが開始します。インストールが完了するまで数分待ちます。

MSYS2インストール

MSYS2インストールウィザードの完了

[MSYS2ウィザード完了]ダイアログが表示され、MSYS2のインストールが完了します。[完了]ボタンをクリックします。

MSYS2ウィザード完了

MSYS2インストール用コマンドプロンプトの終了

MSYS2が立ち上がりますが、こちらは不要なので閉じてください。元のコマンドプロンプトに戻ると付随するインストールが引き続き行われますので数分待ちます。

すべてが終了すると最初のMSYS2インストールのメニューに戻ります。[Enter]キーを押すとコマンドプロンプトが終了します。

これでRubyの環境が整いました!

MSYS2関連のインストール完了