Ruby0章 Rubyの環境を構築しよう0-1 Rubyをインストールしよう0-1-1 はじめに0-1-2 Windowsの場合:RubyInstaller公式HPからRubyをダウンロードしよう0-1-3 Windowsの場合:RubyInstallerでRubyをインストールしよう0-1-4 Macの場合:HomebrewでRubyをインストールしよう1章 Rubyの世界へようこそ!1-1 プログラミングを学ぼう1-1-2 プログラミングとは1-1-1 プログラムとは1-2 プログラミング言語Rubyの特徴を理解しよう1-2-1 Rubyの特徴とは1-2-2 オブジェクト指向スクリプト言語とは1-3 Rubyを動作させる方法を学ぼう1-3-1 Rubyの実行方法1-3-2 Rubyプログラムを実行してみよう1-3-3 コマンドラインとプログラム1-4 irbで対話的に動作させよう1-4-1 Rubyを対話的に動作させるirbを知ろう1-4-3 Rubyのputsを理解しよう1-4-2 irb上でRubyプログラムを実行してみよう2章 プログラムの基本とデータを理解する2-1 プログラムの構成を理解しよう2-1-2 数値や文字列を表示しよう2-1-1 Rubyの記述方法を知ろう2-1-3 Rubyの記述方法の理解を深めよう2-2 データの基本・数値と文字列を理解しよう2-2-1 数値と文字列の違い2-2-2 数値と文字列の違いを確認しよう2-2-3 pメソッドとクォーテーション2-3 変数に代入してデータを扱いやすく使用しよう2-3-1 変数へ代入するメリットを知ろう2-3-3 変数の定義と未定義時の挙動への理解を深める2-3-2 数値や文字列を変数に代入して表示してみよう2-4 演算子を使ってデータを演算しよう2-4-2 数値の演算と文字列の結合をやってみよう2-4-1 数値の四則演算と文字列の結合2-4-3 四則演算と代入演算子の記述方法を学ぼう3章 データのまとまりを扱う3-1 配列で複数のデータをまとめよう3-1-1 Rubyの配列の記述方法を学ぼう3-1-2 irb上で配列を定義して格納されたデータを取り出してみよう3-1-3 配列の要素を操作するその他の方法3-2 ハッシュでデータに名前を付けてまとめよう3-2-3 ハッシュについて理解を深める3-2-1 ハッシュの書き方とシンボルを学ぼう3-2-2 ハッシュの色々な書き方とデータの追加・削除をしてみよう3-3 データのまとまりを効率的に書き示そう3-3-2 %記法で文字列やシンボルの配列を定義してみよう3-3-1 文字列やシンボルの配列を効率的に書く方法を学ぼう3-3-3 式の展開と%記法4章 条件分岐をプログラミングする4-1 条件分岐を理解しよう4-1-1 条件分岐の意味と順次処理との違いを学ぼう4-2 条件に応じて処理してみよう4-2-3 条件分岐の構文と比較演算子の種類を理解しよう4-2-1 Rubyの条件分岐の構文を学ぼう4-2-2 if、unless、else文や比較演算子を使ったコードを実行してみよう4-3 複数の条件で最適な処理を選ぼう4-3-2 elsifやcaseを使って複数の条件で実行する処理を分けよう4-3-1 elsif、caseを使って複数の条件が記述できることを学ぼう4-3-3 複数の条件で処理を分岐させる構文を確認しよう4-4 条件分岐の特別な書き方を試そう4-4-1 条件に一致した場合のみ1つの処理を実行する際の簡単な書き方を学ぼう4-4-2 後置if、unlessをそれぞれ条件が一致する場合、一致しない場合で実行しよう4-4-3 後置if、unlessを通常の条件分岐と比較して理解を深めよう5章 繰り返し処理をプログラミングする5-1 繰り返し処理を理解しよう5-1-1 繰り返し処理とは?5-2 好きな回数処理を繰り返してみよう5-2-1 指定した回数だけ処理を繰り返すtimesメソッド5-2-2 timesメソッドを使ってみよう5-2-3 timesメソッドの書式とブロック5-3 必要な分だけ処理を繰り返してみよう5-3-1 必要な分だけ処理を繰り返すeachメソッド5-3-2 eachメソッドを使ってみよう5-3-3 配列・ハッシュのeachメソッドの書式5-4 条件に応じて処理を繰り返してみよう5-4-1 条件に応じて処理を繰り返すwhile文5-4-2 while文を使ってみよう5-4-3 while文とbreak、next5-5 その他の繰り返し処理を学ぼう5-5-1 その他にもたくさんある繰り返し処理の構文やメソッド5-5-2 便利な繰り返し処理を実際に動かしてみよう5-5-3 それぞれの繰り返し処理の構文6章 メソッドを使ってプログラミングする6-1 Rubyのメソッドへの理解を深めよう6-1-1 メソッドの構成と種類を学ぼう6-1-2 メソッドの構成と種類を意識して各種メソッドを実行してみよう6-1-3 画面表示系メソッドの違いとメソッドの分類6-2 新しいメソッドを定義してみよう6-2-1 新しいメソッドの定義6-2-2 自作のメソッドを定義して実際に使ってみよう6-2-3 メソッド定義の書式と定義する順序6-3 特殊な引数の処理をしよう6-3-1 メソッドに引数をまとめて渡したり、引数をハッシュのような形式で渡す6-3-2 特殊な引数のメソッドを定義して呼び出そう6-3-3 特殊な引数の定義とメソッド呼び出し7章 クラスを使おう7-1 Rubyのクラスとオブジェクトをより深く理解しよう7-1-1 クラスとオブジェクトの関係性を改めて学ぼう7-1-2 これまで使ったオブジェクトのクラスを確認してみよう7-1-3 オブジェクトのクラスを確認する方法を抑えよう7-2 クラスの書き方を学ぼう7-2-1 オリジナルの新しいクラスを定義しよう7-2-2 消費税額と税込み額を計算するクラスを定義しよう7-2-3 オリジナルのクラスを定義して使う方法を抑えよう7-3 クラスの変数を使ってみよう7-3-1 クラスやインスタンスでデータを記憶させよう7-3-2 クラスに色々な変数を定義して使ってみよう7-3-3 クラスで定義できる変数の種類を抑えよう7-4 クラスのメソッドの種類を学ぼう7-4-1 クラスのメソッドを用途によって使い分けよう7-4-2 色々なクラスのメソッドを使ってみよう7-4-3 メソッドの種類を抑えよう7-5 クラスに特殊なメソッドを定義してみよう7-5-1 インスタンス特有のデータを外部から読み書きしよう7-5-2 健康診断を行うクラスをアクセサメソッドを使って実装しよう7-5-3 Rubyの強力な言語仕様の側面を理解しよう7-6 クラスを継承しよう7-6-1 元のクラスのデータや処理を受け継いだ新たなクラスを定義しよう7-6-2 税込み額計算用クラスを継承を使って書き換えよう7-6-3 クラスを継承する場合の書き方や動作を確認しよう7-7 特別なクラスを理解しよう7-7-1 Rubyに存在する特別なクラスを知ろう7-7-2 特別なクラスやメソッドの存在を確認しよう7-7-3 クラスをオブジェクトと捉えた特殊な書き方を抑えよう8章 エラー処理と例外8-1 エラー処理を学ぼう8-1-1 プログラムを実行中にエラーが発生した場合の対処法を知ろう8-1-2 例外処理と例外クラスを理解するプログラムを記述してみよう8-1-3 例外処理の構文と例外クラスを抑えよう8-2 メソッドで例外処理を実装してみよう8-2-3 メソッドで例外処理を記述する方法を学ぼう8-2-1 メソッドの中での例外処理を学ぼう8-2-2 各種メソッドで例外処理を記述しよう8-3 例外を発生させてみよう8-3-1 例外を発生させる場面があることを確認しよう8-3-2 例外を意図的に発生させてみよう8-3-3 例外を発生させるfailとraiseを理解しよう9章 モジュールやライブラリを理解する9-1 モジュールの書き方を学ぼう9-1-1 モジュールについて学ぼう9-1-2 オリジナルのモジュールを定義して色々な方法で使ってみよう9-1-3 モジュールの色々な利用方法を確認しよう9-2 モジュールを名前空間として利用してみよう9-2-1 モジュールの名前空間としての側面を学ぼう9-2-2 モジュールに定数やクラスを定義してみよう9-2-3 モジュールで名前空間を定義して使う方法を確認しよう9-3 ライブラリを活用してみよう9-3-1 Rubyに予め備わっているライブラリを学ぼう9-3-2 標準ライブラリを使ってfacebookトップページのlike数を取得してみよう9-3-3 代表的な標準ライブラリについて理解を深めよう10章 より実践的なプログラミングをする10-1 ファイルを操作してみよう10-1-1 Rubyのプログラムからファイルを読み書きしよう10-1-2 色々な書き方でファイルの読み書きを試そう10-1-3 ファイル操作の基本的な記述方法を抑えよう10-2 正規表現で文字列を置き換えてみよう10-2-1 正規表現について学ぼう10-2-2 正規表現に一致する文字列を取り出したり文字列を置き換えよう10-2-3 正規表現の書き方やメソッドを確認しよう10-3 ファイルの内容を書き換えるプログラムを作ろう10-3-1 ファイル操作と正規表現を実際に使ってみよう10-3-2 ファイルを読み込んで正規表現で置換して別のファイルに書き出そう10-3-3 より実践的なRubyの書き方を学ぼうGrasen - グラミー先生

Ruby

Rubyの特徴はオブジェクト指向スクリプト言語です。

© grami-sensei.com 2017